2019-07-14

伊勢神宮に行ったはなし。

3度目のお伊勢さん


実は、伊勢神宮は、大学生の頃の就職活動のついでに2度訪れたことがあります。伊勢新聞の一次試験と二次試験の際でしたけれど、その時は何だかなぁ、何も考えてはいなかったなぁとしみじみ思います。

旅の始まり、大安駅


大安駅

思いっきり、大安図書館って書いてありますね…。駅に併設されているのか、駅が併設されているのか分かりませんが、結構珍しいと思います。

鉄道を利用する以上、名古屋に行くにも四日市に行くにも、まずは近鉄富田駅に行くために三岐線大安駅を利用するしかないのですが、交通系ICカードが全く使えないのと、自動券売機ないのには吃驚しました。

何はともあれ、大安駅から近鉄富田駅まで移動し、近鉄線に乗り換え、伊勢市駅を目指します。

豊受大神宮へ


外宮

近鉄富田駅で伊勢市駅ゆきの急行に乗り換えて、だいたい2時間ぐらい電車に揺られます。

伊勢市駅で下車し、そのままバスに乗って内宮に向かっても良かったのですが、折角なので正式な参拝の方法に則って、豊受大神宮(外宮)から参拝しました。

伊勢市駅からは徒歩で5分ほど。道はよく整備されていて、お洒落なカフェや土産物屋が並んでおりました。

豊受大神宮は内宮に比べると人も少なく、参拝そのものは非常にしやすかったですが、由来とか意味合いとか、ちゃんと勉強しなかったので、若干消化不良…。

歩いて内宮へ


いよいよ、内宮へ!というところで、バスに乗っても良かったのですが、50分ぐらい歩けば着くとのことだったので、徒歩で向かうことに。

しかし、小雨がぱらついていて、路面も滑るし、通りにお店があるわけでもないし今回この選択は後悔しました…。

足が痛い、痛いと言いながら何とか鳥居の前まではたどり着いた訳ですが、ここからがまた長い道のりの上に、砂利道が大変歩きにくい…。文句ばっかりで、神社に参拝する資格はないかもしれませんね笑。

ま、ぶーぶー言いながらもちゃんと参拝しましたよ!小雨交じりの天気でしたが、靄が参道と神社を包み込んで何か神様が本当にいそうな雰囲気を醸し出していました。

神社に行くことでスピリチュアルなパワーをもらって、期間工頑張る!なんて素直になれないのが私ですが、それでも少しぐらい、心の拠り所にしてみようと思います。

何もせずに帰る

おかげ横丁

参拝の後はお約束のおかげ横丁を散策。が、結局何も買わず、何も食べず笑

ビールも飲みたかったし、松坂牛の串焼きも食べたかったのですが、お金を貯めようと期間工になったのに、浪費をしては意味がないですし、尿酸値も高いし、今回は我慢しました。

こんな旅もアリですよね!

まとめ


期間工になって初の休日は、日用品の買い出しとお伊勢参りで終了しました。家にいるのが大嫌いなので、節約しなければとは思いながらも、旅はやめられそうにありません。

大安製作所の立地はなかなか不便なようで、近鉄線に出れば大阪にも京都にも繋がっていて、行動の幅は広がりそうです。やり過ぎない程度に旅に出て、このブログでもご紹介出来ればと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です