2019-09-06

デンソー期間工、帰省する。

帰省への段取り開始!


デンソー期間工、かたちんは帰省します。

10月に、ですけどね。

そんな三重に来たばっかりで、何をしに帰るのかってそれは、実家に帰るのです。

実家に帰るのに、特別な理由がいるのかね…。

齢二十九になるまで、ずーっと実家暮らしだった私は、これまで帰省するという行為をしたことがありません。

初めての体験というのは、ワクワクしますね!


なぜ10月に帰省?


コスモスを見たいからです、というのは半分本気で、10月は私の誕生月なのでお祝いをしてもらいに、というのはもっと本気です。

ただ、現実的な最大の理由は、謎の4連休が出現したからです。

デンソーは、お盆、正月、ゴールデンウィーク以外は、頑ななまでに3日以上の連休がないのですが、なぜか10月にぽつりと4連休があります。

繁忙期ではないので航空券も比較的安いし、お休みが4日連続であれば、鹿児島に丸々2日は滞在出来るので、帰ることに決めました。

交通手段について


実際帰省するとなった時に、検討しなくてはいけないのが、交通手段です。

青春18きっぷ大好きな私としては、お盆の旅行で使ったこれをまた使いたいところですが、販売期間ではないので、今回は断念。

それに、道中を愉しむのではなく、目的地にただ行きたいのであれば、あまり効率的な移動手段とはいえませんし。

三重県から鹿児島県に帰省する場合、大きく分けて2つの交通手段がありますので、今回検討したものをご紹介します。

飛行機の場合


これは今回選択した交通手段です。

通常料金で行くと、往復で70,000円強かかってしまうのがネックですが、中部国際空港セントレア⇔鹿児島空港の所要時間はおよそ1時間半ほど。

移動時間が少ないので、疲労が少なく、時期によってはびっくりするぐらいの安価でチケットが取れることがメリットでしょうか。

デメリットとしては、通常料金でチケットを取ると費用がかさんでしまうことですが、もし通常料金でしか取れない場合は、鉄道を利用する手もあります。

ただ、三重には空港がないので、鹿児島へ飛行機で行く場合は、愛知県にある中部国際空港セントレアまで行く必要があります。

今回はソラシドエアを利用する予定ですが、ANAやジェットスターも直行便を運航していますので、都合の良い時間に合わせて選択されればよいと思います。



鉄道の場合


年末年始に帰省する際は、鉄道の利用も考えています。

一番オーソドックスなのは、名古屋駅から鹿児島中央駅まで、新幹線を利用して一気に行ってしまう方法です。

料金は往復で50,000円ほど、時間は6時間ほどかかります。

飛行機よりも20,000円ほど安いですが、名古屋駅⇔鹿児島中央駅間新幹線については割引がほとんどありません。

飛行機に正規料金で乗らなければ行けなくなった!という時以外は、旨みがありません。

ただ、いろいろと探し回ったところ、ひとつだけ面白い切符を見つけました。

それがバリ得こだま・ひかり・つばめ号という切符!

JRが販売する切符ではなく、株式会社日本旅行が販売する旅行商品という位置付けの切符です。

大阪や京都など、関西の駅が発地という条件がありますが、新大阪駅⇔鹿児島中央駅の往復切符が24,000〜29,000円ぐらいで販売されています。

飛行機の少し異常な安さには敵いませんが、普通に新幹線の切符を買うよりはお得です。

三重から大阪、京都まで移動しなければならないので、そこはネックですが、例えば、京都に美味しい中国料理を食べに行くとか、何か用事を作ってしまえば、役立つ切符だと思います。


大安が不便なんだ


いろいろと鹿児島への帰り方を書いてきたわけですが、書けば書くほど、今住んでいる大安の不便さが身に沁みます。

飛行機を使うにも、鉄道を使うにも、起点となる場所に行くまでに2時間半かかるし、往復で3,000円かかるし、乗り継ぎの時間は上手に合わないし、なんとも嫌になってしまいます。

まぁ、それでも帰りたい場所があるということは幸せだと思うので、あと1ヶ月と少し、愉しみにしていたいと思います。

あ、南九州のコスモス開花情報が出たら、教えてくださいね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です