2020-01-19

2020年、初、京都。

京都初めをしてきました


さっき年始の記事を書いたと思ったら、既に1月も下旬に突入しようとしています。

月日の流れというのは本当に早いですね。 
 
さて、つい先日、今年初の京都に行ってまいりました。

期間工となってからは、3度目の訪問です。

2ヶ月に1回は行っている計算ですが、遠すぎず近すぎない絶妙な距離感と、京都という街が醸し出す非日常感が非常に心地よいのです。

今回も一番の目的は中国料理菜格訪問ですが、先ずは前哨戦のお話しから。


JRを利用しました


今回はJRを利用しました。

昼前には京都に到着できるように、大安を早朝6時頃に出発。

大安駅

いつもの大安駅


前回は近鉄線を利用しましたが、少し飽きてしまったのと、若干料金が安いということで、こちらを選択しました。

乗り継いだ駅をダイジェストでご紹介します。

富田駅

富田駅


亀山駅

亀山駅


柘植駅

柘植駅


忍電車

忍電車


写真にない駅でいえば、あとは滋賀県の草津駅で乗り継ぎが発生します。

この経路を利用する場合に、ひとつだけ気をつけないといけないことがありまして、JR東海とJR西日本の路線を跨ぐことになるため、ICカードでは自動で乗り越しが出来ません。

私も柘植駅で乗り換えた際にポスターを見て気付いたのですが、草津駅で一度改札を出た際に見事にひっかかりました。

名古屋から奈良の加茂駅まで続く関西線のうち、亀山駅までがJR東海の管轄、亀山駅から先はJR西日本の管轄ということで、亀山駅で一度改札を出るJR東海分の料金を精算する必要があるようです。

その後の路線は、全てJR西日本の管轄なので、特に精算はいらないようですが、もしかすると間違っているかもしれません…。

ま、ご参考までに。

京都水族館へ


トラブルともいえないようなトラブルはありましたが、無事に京都に着きまして、まずは京都タワーにご挨拶。

京都タワー

京都タワー


そのあと、初めてとなる京都水族館に行きました。

水族館行きのバスが駅からたくさん出ているようですが、歩けない距離でもないということで、今回も徒歩で行きました。


京都水族館

京都水族館


魚は少なめ


まぁ、都会のど真ん中にある水族館なので致し方ない面もあるのですが。

以前行った鳥羽水族館と比べるとだいぶ小ぢんまりとした施設で、がっつり魚を見たい人には物足りない印象でした。

海水魚から淡水魚まで一通りはいましたし、熱帯系の魚やチンアナゴなど、子どもが喜びそうな魚もいましたので、シンプルに短時間で愉しむのには良い場所だと思います。

アシカやイルカなどの海獣類、ペンギン、オオサンショウウオやクラゲなど、魚以外の生き物もちゃんとおりましたし。


ギャラリー


毎度恒例ですが、撮った写真はこちらに載せておきます。

あ、いつか言わねばと思っていたのですが、私が撮った写真、Lightroomで現像してありますので、肉眼で見た時とはイメージが異なるかもしれません。

今回は水族館らしく、青めに仕上げてあります。

オオサンショウウオ

オオサンショウウオ


案内板

オオサンショウウオのしっぽの作り方


アシカ

声はかわいくないアシカ


ペンギン

ペンギンが頭上を泳ぐ


京都の海

京都の海


クラゲ

くらげの子ども


くまのみ

クマノミとイソギンチャク


チンアナゴ

チンアナゴと玉ボケ


お昼ご飯は蕎麦屋さんで


水族館を愉しんだあと、お昼ご飯には蕎麦を食べることにしました。

特に蕎麦が食べたかったわけではないのですが、ぶらぶら歩いていたらお出汁の良い香りがしてきたもので。

お蕎麦をいただいたお店はこちらの柏徳さん。

うどん、そば、ラーメンの麺類と、豊富な各種丼を頂くことが出来る、昔ながらの和食屋さんといったところ。

柏徳

柏徳さん



京都名物、にしんそば


で、注文したのは、京都名物のにしんそばと熱燗。

にしんそばと熱燗

にしんそばと熱燗


お蕎麦はちょっと白っぽい、あまり香りが強くないタイプでしたが、京都辺りではこれが普通なのでしょうか。

それより甘辛い味付けのにしんの甘露煮が思いの外美味しく、これだけでお酒がどんどん進んでしまうような逸品だったことに驚きました。

にしんそばをお酒のアテとして考えたとき、蕎麦だけではあっさりしすぎており、にしんの甘露煮だけ食べていてはクドくなりすぎるので、交互に食べるといい塩梅です。

にしんを蕎麦の上に乗っけることには賛否両論あるようですが、酒飲みの私的には大いにアリでした。

夜はいよいよ菜格へ


にしんそばを食べたあとは少し街をぶらぶらして、本日の宿泊先であるマンガ喫茶で休憩して、菜格に向かいました。

というところで、今日のところはここまで。

今回はちょっと真面目に写真を撮ったのでレポート的な形でまとめたいなーと思っています。

それでは、また!


期間工ランキング

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です