2019-11-17

おでん、ずるり。

おでんを食べにいったわけではないのです


冬が怖い、どうも、かたちんです。

大安は大雪が降るらしいですけれど、さて、どうしましょう。

今日は日曜日、午前中はお仕事でございました。

ただ、真面目なお仕事ではなく、ファシリテーター、ブレインストーミング、アイスブレイクなど、懐かしい言葉が飛び交うワークショップをしながら、職場の団結を高めようとするもの。

大学生の時分は結構やったなぁと思いながら、付箋に意見を書くとか、模造紙にまとめるとか、ああ、懐かしかった。

そして、久しぶりによく笑いました。


返す刀で名古屋へ


午前中でお仕事は終わりましたので、冬の部屋着を買いに名古屋まで出かけました。

最近部屋が寒くてエアコンをよく入れるのですが、少しでも衣類で寒さに対抗すべきだなと思いまして。

ユニクロ、無印良品、その他もろもろのセレクトショップを冷やかして、結局ユニクロに落ち着くのは私らしいところですけれど。

ジャージはもうお役御免ですね。

 

飲まずにはいられなかった


で、そのあとアルコール的な何かを飲みたいなぁと思い、栄の周辺をぶらぶら。

ブログを書くようになってから、お酒を飲むことすらネタにしようという意識が働いてしまってお店選びに苦労します。

今回もチェーン店は面白くないなとか、ちょっと裏路地にあるような、あまり知られていなさそうなお店がいいなとか色々考えながらうろうろしていると、良さそうなところ、ありました。

昭和のかほり、仕事帰り


昭和のかほり、待ち合わせ


おでんが誘っている


みんなの◁○□-


みんなのおでん、と読みます。

みんなのおでん


地下鉄栄駅から程近い場所ですが、その周辺だけ急に昭和になったような裏路地にありますので、目掛けて行かない限りはなかなか見つけにくいです。

正直、おでんがとても好き!というわけでもないのですが、入店の決め手はやはり日本酒でした。

入り口に大書きしてあれば、入らずにはいられません。

日本酒!


おでんも日本酒も美味しい


店内は1階がカウンター席、2階がテーブル席となっている模様です。

若い男性店員が2人で切り盛りしている感じで、頑固親父がやっている老舗のおでん屋という感じではありませんでした。

実際、カウンター席には若い女性のグループが2組座っておりましたし。

私が注文したのは、おまかせおでん5種盛り。

おでん5種盛り


大坂おでんを銘打っていまして、大坂おでんがどういうものかはよく知らないのですが、一般的に食べている鰹出汁と昆布出汁の効いた優しいお味。

清酒は2種類飲みました。

ばくれん、辛口


“うら”颯


清酒については記載されているメニュー以外にもいろいろあるようですが、そういうのはレアものでお値段がはるとのこと。

懐が寂しいかたは、大人しくメニューに書かれたものを飲みましょう。

毎日行けないので


おでん盛りと清酒に2杯で大体2,000円ほど。

つまみ程度におでんを食べて、清酒を2杯飲めたので大変満足でございました。

こういう、ちょっと飲めるお店、名古屋とか四日市にはたくさんあるんでしょうし、徒歩で行ければ通いたいんですけどね。

遠出すると新規開拓がメインになってしまうので、通うまではゆけないところ。

ああ、歯痒い。


期間工ランキング 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です