2019-09-18

【カメラ】【レンズ】玉ボケが綺麗なレンズが欲しい!

今日はカメラのはなし


どうも、かたちんです。

期間工ブログを語っておきながら、もはや何の脈絡もないテーマで更新を続けております。

ブログを書くということについては、色々な目的があると思いますが、私については自身の振り返りのため、というのが大きいところです。

そして、振り返りのためにブログを書く中で、少しでも誰かの役に立つことを意識して書くことが出来れば、未来の自分も読みやすいんじゃないかなー、とも思っています。

そういう訳ですから、読んでいただいている方の目も意識はしながら、あくまでも自分の記録ですので、今日も好きなことを書きます。


イルミネーションの季節


さて、私の趣味の1つであるカメラですが、比較的、季節の被写体は追いかけるタイプの人間です。えぇ。

これからの季節は、コスモスもいいですし、紅葉も捨てがたいのですが、もう少し先、冬の風物詩といえばイルミネーション。

ひとりで行くのはかなり心が疲れるシチュエーションなんですが、それでもあえて行くほど、好きな被写体なんです。

で、そこで撮るのがこんな写真です。

ボケ

玉ボケ

ひとつひとつの光源が、まん丸の玉のようになっている写真は、とても幻想的で、これぞイルミネーション!といった感じですよね。

玉ボケ


このまん丸の玉ですが、カメラ用語でいうと玉ボケといいまして、すごく簡単に言うとピンボケの写真です。

失敗作じゃねーか!という声が聞こえてきそうですが、あえてピントをずらすことで、こんな写真も撮れるんです。

で、この玉ボケですが、きれいなまん丸に撮るためには、レンズの性能によるところが大きいんです。

今私が使っているカールツァイスのレンズだと、この玉ボケがカクカクっとなってしまって、まん丸にならないんです。


欲しいレンズをいくつか


そんな訳で、玉ボケがまん丸になる、欲しいレンズをいくつかピックアップしてみました。

SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

画質を重視するあまり、重量とか携帯性とかは無視してしまったという究極のレンズです。

玉ボケも綺麗に出るらしいので、とても欲しいのですが、ネックになるのが重量。

車を持たない今の私ですから、とにかく荷物の重量は抑えたいところ。

でも欲しいなー!

SEL35F18F

お次はこれです。

ソニーから新しく出たばかりのレンズですが、比較的軽量コンパクトなので、徒歩族の私には最適なレンズです。

発売されたばかりであまりレビューもないのですが、あえて早めに買ってレビューをすることが、ブログを書くものとしては正しい姿なのかもしれません。

NIKKOR Z 50mm f/1.8 S

最後はこれです。

こちらもコンパクトかつ軽量なレンズで、玉ボケもきれいに出るようです。

ただ、恐ろしい話をしますと、このレンズを使いたい場合、カメラボディまで換えなくてはなりません。

さすがにそんなお金はありませんので、このレンズを買う可能性は限りなく低いのですが、0ではない…と申し上げておきます。

リストアップは愉しい


こうやって、欲しいものをリストアップするのは愉しいですね。

買う、買わないは別にして、せっかく仕事をしているのだから、何か目標を持って頑張るのは意外と大事なのかなと思っています。

いつか買うことが出来るように、今日も仕事に行ってきまーす。


期間工ランキング

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です